審美歯科(歯のクリーニング、ホワイトニング等)を分かりやすく解説

審美歯科について審美歯科は、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。黄ばんだ歯やふぞろいな歯並びなどのため、自然な笑顔が作れずにコンプレックスを抱えている方に、審美歯科は自信と笑顔と若さを与えます。

審美歯科とは

笑顔に自信ありますか?
笑顔のポイントは目元と口元にあります。話すとき、笑うとき、食事をするとき、口元の美しさで人に与える印象はずいぶん変わります。
審美歯科は、黄ばんだ歯を白くしたり、ふぞろいな歯列を矯正したり、歯肉の色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的とした歯科医療です。審美歯科はアメリカで生まれ発展し、最近日本でも注目されています。

歯の黄ばみの原因

日本人の歯は欧米人と比較すると、全体的に黄色っぽい色をしています。
それは歯の象牙質が欧米人が灰色っぽいのに比べ、日本人の多くは黄色に近いからです。歯の表面のエナメル質はとても薄い膜なので、その内側の象牙質の色が透けて歯の色に大きく影響します。
ただし、歯の色には生まれつきの個人差があり、さらに年とともに黄ばんだり、黒ずんだり変色していきます。経年とともに歯が黄ばんだり変色する理由は、大きく分けて外因性のものと内因性のものに分けられます。

外因性の理由

  • お茶、コーヒー、たばこ、赤ワインなどの飲み物や、食べ物の色素が付着するため
  • 虫歯のため
  • 歯の詰め物や被せ物の変色や、材料の金属から発するイオンによる変色
  • 高濃度のフッ素による変色

内因性の理由

  • 加齢による歯の表面のエナメル質の磨耗
  • テトラサインクリンという抗生物質の服用(特に子供)
  • 虫歯治療で神経を取った歯の内部からの変色(神経の取り残しなどが腐食するため)

歯のクリーニング

歯のクリーニングとは、歯の表面についた汚れやたばこのヤニ、色素等を除去することで、歯本来色に戻すことです。歯のクリーニングといっても、その方法は何種類にも分かれます。
  • 水と細かい粉を高圧で吹き付けて汚れなどを除去する
  • 研磨剤で歯の表面を磨く
  • 歯を研磨した後、歯の表面をフッ素コーティングすることによって汚れや歯垢が付着しにくくする方法(プロフェッショナルクリーニング)

ホワイトニング(ブリーチ・ブリーチング)

ホワイトニングは別名、ブリーチ、ブリーチングとも言います。
ホワイトニングとは、簡単に言え歯をば漂白することです。原理的には、過酸化水素を含んだ溶液(ホワイトニングジェル)を使い、活性酸素の力で歯を漂白します。歯に負担をかけずに、簡単に歯を白くできることから、審美歯科の診療の中でも最も人気があるのがホワイトニングです。
ホワイトニングは大きく分けて、オフィスホワイトニングホームホワイトニングの2種類あります。

【オフィスホワイトニング】

オフィスホワイトニングは診療所で処置をおこなうのでこう呼ばれます。ホワイトニング専用の溶液(ホワイトニングジェル)を歯に塗布した後、プラズマアークやレーザーなどの非常に強いを歯に照射します。治療は一度で完了する人もいれば、数回繰り返す人もあり個人差があります。また、人工の歯や被せ物には効きません。

【ホームホワイトニング】

診療所でクリーニングなどの前処置をおこなった後、患者の歯形をとって専用のマウスピースを作ります。患者は自宅で寝る前に、マウスピースにホワイトニングジェルを含ませて、歯に装着しておきます。ホームホワイトニングによる治療期間は大体2週間くらいです。

ホワイトニングをした歯は永久に白さを保つわけではありません。処置後の歯のケアや、たばこや食事などの生活習慣によって変わりますが、大体2〜5年で元に戻ってしまいます。白さを維持するためには、定期的に審美歯科に通ってメンテナンスするか、元の色に戻ったら再度ホワイトニングする必要があります。

セラミック審美治療

歯のクリーニングやホワイトニングが歯全体を対象にした審美治療であるのに対し、セラミック審美治療は、個別の歯に対して治療することが多く、歯の色だけでなく形を修正するものもあります。

【ラミネートベニア】

外から見える歯の表面だけを薄く(0.5mm程度)削り、シェルと呼ばれるセラミック製の薄いつけ歯を接着剤で貼り付ける方法です。歯の隙間があったり、歯の形を少し変えたい場合などに適しています。

【ダイレクトベニア】

ラミネートベニアのセラミックのつけ歯の代わりに、特殊な樹脂を歯に直接築盛する方法です。
ラミネートベニアより低料金で、一回の通院で治療が可能ですが、仕上がりはラミネートベニアより若干落ちます。

【セラミッククラウン】

セラミック製の差し歯のことです。金属製のフレームにセラミックを焼き付けたセラモメタル(メタルボンド)と、セラミックだけで作られたオールセラミックがあります。
セラモメタルは、光が透過したときに中の金属が透けてしまうことがあり、歯の透明感など審美性ではオールセラミックが優れます。ただし、オールセラミックはその強度や構造の問題で、前歯部にしか適用できません。

【セラミックインレー】

奥歯の詰め物を金属ではなくセラミックで作る方法です。

歯のマニキュア

手軽で低予算で歯を白くできるのが歯のマニキュアです。歯の表面を削ることなく、表面に薄く樹脂コーティングすることによって歯の色を整えます。半年から1年間効果は持続します。

歯肉の黒ずみ除去(ガムブリーチング)

歯茎の黒ずみの原因はメラニン色素です。ガムブリーチングでは、専用の薬品を使って歯肉の沈着したメラニン色素を除去して、健康的なピンク色の歯肉を回復する治療法です。
▲先頭へ戻る
歯並びの治療については矯正歯科についてをご覧下さい
Copyright(C) 2006 審美歯科について All right researved.