定年退職(リタイヤ)と保険見直し

定年退職と保険見直し

定年退職が近づく頃には、住宅ローンは支払い終え子供も独立するなど、自分が死亡したときの家族の経済リスクは若いころに比べてかなり少なくなります。
むしろリタイヤ後の経済面・健康面における長寿リスクのほうが、これからは大きな問題となります。
老後の生活は資産と健康の有無に大きく左右されるのです。

ですから、もし生命保険の中でも定期付終身保険などに加入していて、保険料払込期間がまだ残っているのなら、保険料の節約のためにも主契約の終身保険だけ残して、定期保険特約の部分はできれば解約していいと思います。
子供の教育が終わり独立すれば、掛け捨ての大きな保障はほとんど必要ないはずです。その分の保険料を貯蓄に回した方がはるかに良いでしょう。
そして老後の資金のため、退職金などは堅実にリスクをとらずに運用するようにしましょう。

医療保険については、これからは年齢的に疾病・入院の確率が高くなるので、特約としてではなく単体の医療保険に未加入であれば加入しておくことをお勧めします。
ただし、豊富な預貯金があり、長期入院しても問題なく医療費等を支払えるなら、必ずしも入る必要はないでしょう。
60歳くらいになれば、新規契約の医療保険の保険料はずいぶん高くなるからです。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー