子供の誕生と保険見直し

子の誕生と保険の見直し

夫婦の間に子供が誕生すると、世帯主が倒れたときの家族の経済的リスクは、夫婦だけの場合に比べて一般的にかなり大きくなります。
まず子供が小さいうちは、共稼ぎの場合でも両方がフルに働くことは現実的に難しくなり、どちらかが(多くは妻が)仕事を辞めたり、短縮労働に切り替えたり、正社員からパートなどに変更せざるを得なくなることも多いです。
そうなると、一家の収入は一時的に減少しますが、家族が増えるので生活全般に掛かる費用は増加します。
さらに、子供が成長するにつれて、教育費等の負担も大きくなっていきます。
このようにかかる費用が増加すると、稼ぎ手が死亡したときに遺族が経済的に困る度合が高くなるので、ある程度の死亡保障が必要となるのです。

生命保険の被保険者は基本的には稼ぎ手だけでもいいでしょう。
稼ぎ手が夫なら、夫の死後の家族の必要経費(見込み支出)は、子供が社会に出るまでの生活費と教育費、妻の老後を含めた生活費と住居費(妻が再婚しないケース)などです。

夫の死後の家族の見込み収入は、妻が働くことによる収入、遺族年金中高齢寡婦加算死亡退職金遺児育英年金などが考えられます。
生命保険に加入・見直しをする前に、夫が亡くなってから利用可能な公的保障や福利厚生制度をよく調べておき、見込み支出に対して、現在の資産プラス見込み収入で不足する分を、生命保険でカバーするようにしましょう。
なお、会社員や公務員と自営業では公的遺族年金が異なりますので注意が必要です。

子供の教育資金の積み立ても早いうちに始めなければなりません
日本では子供の教育費にとてもお金がかかります。
教育資金と言えば学資保険を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、学資保険の他にも、貯蓄性の高い終身保険を上手に活用するなど、さまざまな貯蓄性商品を視野に入れて検討しましょう。

このように、結婚して子供ができると、その後のライフプランも色々なケース(子供の進路など)が考えられ、それに合わせて保険の考え方も複雑になってきます。
できれば、妊娠したら出産前にご夫婦でFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー