就職と保険見直し

就職と保険の見直し

生命保険(死亡保険)の一般的な考え方は、は自分にもしものことがあった時に、扶養家族が経済的に困らないように保障するものです。
就職したばかりの新社会人は普通独身でしょうから、仮に亡くなったとしても、経済的に困る家族はあまりいません(親や兄弟を事実上扶養しているのなら別ですが)。
したがって、新社会人にとって必要なのは、生命保険に入ることよりもまず貯金をすることです。
給料天引きの財形貯金や積立貯金などがあれば利用して、しっかり堅実に貯めていきましょう。

ただし、生命保険は若くて健康なうちに加入する方が、月々の保険料を抑えられるなど有利な点があるのも事実です。
そこであえて新社会人に保険をおすすめするとすれば、医療保険終身保険です。

若いころ病気などで入院する確率は非常に低いですが、医療保険は事故による入院も保障されますし、年齢が若ければ医療保険にとても安く加入することができます。
医療保険は自分自身のための保険で、将来的には必要度が高くなりますので、若い独身のうちに加入しておけばいいでしょう。
ただし、職場が安定した大企業や公務員で、長期入院した場合に会社から付加給付が支給されたり、差額ベッド代の補助が出るなど、手厚い福利厚生制度がある場合には急いで加入する必要はないでしょう。

終身保険は自分にもしものことがあった場合の、死亡整理資金(葬式代・お墓代・借金の清算)となります。
加入年齢が若ければ月々の保険料は安く済みますし(保険料の払込期間はほとんどが60歳くらいまでです)、保障は生涯続くので将来独立し家庭をもってからの基礎保険にもなります。
現在は予定利率が低いので、終身保険の中では、将来の経済成長などによって、受取保険金や解約返戻金が大幅に増える可能性がある変額終身保険変額保険終身型)か利率変動型終身保険がお勧めです。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー