家計の節約と保険見直し

家計の節約と保険見直し

未曾有の不景気のため、収入が増えるどころかかえって減っている世帯をめずらしくなく、最近の保険の見直しブームの一番の要因は、家計の節約目的であると言えます。

実際に家計の節約のためには、生命保険・医療保険などの保険の見直しは欠かせません。
平成18年の「生命保険に関する全国実態調査」によると、日本で1世帯が支払う生命保険の保険料(個人年金保険含む)は年間で平均52.6万円にもなり、30年間保険料を支払い続けるとすると総額はなんと1,500万円を超える計算になります。

仮にこの保険料を半分にすることができれば、800万円近くの節約が可能だということです。
驚くべき金額ですが、これは決して不可能ではありません。

しかし、保険料を下げれば、受取保険金額がかなり減るなど保障内容が不足するのでは、と思われる方も多いと思います。
もちろん、一般的には保険料と保障レベルには相関関係があります。
けれども、概して日本人が加入している生命保険はムダ(大きすぎる保険金や不必要な特約や保障内容のダブリなど)が多く、必要以上の保障のため高すぎる保険料を支払っているのが現実です。

さらに、同じ保障内容の保険であっても、保険会社によって保険料に差があることも見逃せません。
伝統的な漢字系の生命保険会社は、一般的に高コスト体質なので保険料は高めです。
ですから、単体の保険だと保険料を比較されやすいため、主契約に様々な特約をいくつも組み合わせた、複雑な抱き合わせ保険(パッケージ保険)をメイン商品としているのです。
日本の保険会社でペットネームと呼ばれる固有名詞が付いた保険(例:ロング●●、ライフアカウント●●、堂堂●●)がそのような保険です。
それに対して、外資系や損保系列や通販主体の保険会社の保険は、シンプルで分かりやすく保険料も安いものが多いのが特徴です。

保険を見直して保険のムダを徹底的に省き、その人や家族にとって最低限必要な保障だけ備えた保険を、いくつもの保険会社の保険の中から比較検討して選択すれば、保険料をトータルで数百万円下げることは決して難しくありません。
すぐにでも保険を見直したい方は、無料でできるFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を利用してみましょう。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー