老後の備えと保険見直し

老後の備えと保険見直し

最近はセカンドライフといって、老後を楽しむ方々が増えてきています。
しかし年金の受給年齢は次第に上がってきているのも現状ですし、将来満足できる額の年金を受け取れるとは限りません。
老後を楽しむ資金を前もって準備をしていく必要がありますし、老後に毎月の保険料等の負担が大きくならないように対策をしておく必要もあるでしょう。

生命保険に関しては、養っている家族がいなければ死亡保障は自分の葬式代程度で十分です。
葬儀料金は全国平均でおよそ230万円なので、終身保険を200〜300万円ほど用意しておけば安心です。

配偶者がいるなら、自分が先に逝っても困らないよう、財産を残しておく必要があります。
預金などの資産が多ければ生命保険に頼らなくてもいいでしょうし、そうでなければ終身保険の保険金額を多めに用意しておくといいでしょう。
終身保険は残された家族の生活だけでなく、ケースによっては相続財産としても有効に活用できますので、FP(ファイナンシャルプランナー)や税理士に相談してみましょう。

医療保険に関しては、身の回りでも入院や手術を受ける人が多くなる年代ですが、預金などの資産が潤沢なら、入院給付金が主の医療保険にはあえて加入しなくてもいいかも知れません。
やはり医療保険は必要だという方は、その年代になると健康状態や既往歴などにより、加入できる医療保険も次第に少なくなってきますが、最近は緩和型の医療保険(告知項目を減らして入りやすくなっている医療保険)などもあるので検討してみましょう。

老後に差し掛かると、介護に対する備えも必要となってきます。
自分が介護状態になった時の不安もありますし、両親の介護をされている方もいるでしょう。
介護は医療行為ではありませんので、医療保険では1円も給付はありませし、当然死亡保障は役に立ちません。
従って、死亡保険や医療保険とは別に、介護保険への加入も検討する必要があります。
加入するなら保障期間も給付期間も一生涯続くものが良いでしょう。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー