離婚と保険見直し

離婚と保険見直し

日本では共働きでも、夫が一番の稼ぎ手であり大黒柱であるケースが多いこともあって、生命保険の加入形態では、契約者が夫で被保険者(保険が掛けられている人)も夫、保険金の受取人は妻というケースが多いです。
このような保険契約で仮に離婚したときには、契約者(保険料を支払っている人)の夫がそのまま生命保険を引き継ぐことが多いので、その後は保険金受取人を変更するだけで済みます。
しかし、養老保険や終身保険の場合は、貯蓄性が高く共有財産とみなせるので、財産分与の対象となることもあります。
そのときは、生命保険を解約して解約返戻金を分けるというのが一番合理的です。

一般的に離婚して生命保険の無保険者になりやすいのは妻側です。
特に注意しなければならないのは、夫が加入していた生命保険の家族特約として医療保険に加入しており、自分単独名義の医療保険を持っていなかったケースで、その場合は離婚すればほぼ無保険となってしまいます。
実家に援助してもらえるとか再婚のメドがある人でなければ、専業主婦やパートだった人でも、これからは自分が一家の稼ぎ手にならなければいけません。
正社員として健保組合に加入して、福利厚生制度も充実していれば急ぐ必要はないですが、そうでなければ健康なうちに医療保険には入っておいたほうがいいでしょう。

また、子供を引き取ったなら、子供の教育費を養育費だけに頼るのは難しいので、教育資金を積み立てながら、自分がもしものときに子供の生活費と教育費をある程度残すことができるよう、定期保険収入保障保険への加入も検討しましょう。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー