教育費 保険見直し

教育資金と保険見直し

子供の教育費は進路によって変わってきます。
幼稚園〜四年制大学のコースをとってみても、すべて公立の学校に行く場合と私立の場合とでは、かかる費用は2倍以上の差になるし、大学も文系と理系と医科歯科系ではかなりの差があります。

文部科学省の調査(H18年)によると幼稚園から高校までにかかる学費の総額は次の通りです。

幼稚園〜高校までの学習費総計※

公立 私立
幼稚園(3年) 75.4万円 161.5万円
小学校(6年) 200.5万円  823.9万円
中学校(3年) 141.5万円 380.8万円
高校(3年) 156.2万円 313.6万円
合計 573.6万円 1679.8万円

※学習費総計=学校教育費(授業料・教科書・教材・遠足・修学旅行・部活動費など)+学校給食費+学校外活動費(塾、家庭教師、習い事など)

また、国民生活金融公庫総合研究所による勤務者世帯の「教育費負担の実態調査結果(H19年)」によれば、大学入学から卒業までの教育費負担は次の通りです。

大学卒業まで在学費用※

国公立大学 518.4万円
私立大学文系 670.7万円
私立大学理系 828万円

※在学費用=学校教育費(入学金・授業料・教科書・教材・通学費)+家庭教育費(各種学校・習い事など)

さらに自宅外通学(下宿など)をする場合は、自宅外通学を始めるための費用(アパートの敷金・家財道具の購入費・引っ越し代等)に約50万円、仕送りに年間平均104万円(月額8.7万円)かかります。

以上のように、子供を大学まで行かせるなら、一番安いオール国公立のコースでも約1,100万円、オール私立(理系)のコースでは2,500万円以上の教育費用がかかるのです。
自宅外通学する場合は仕送り等で500万円近く負担が増えます。
医科歯科系の大学に行くならさらに2,000万円ぐらいのお金がかかるでしょう。

このように、子供の教育には大変お金がかかります。
したがって、教育資金は必ず準備しなければいけない資金です。
一生涯で一番高い買い物は住宅と言われますが、子供の教育費も住宅購入と同じくらいお金のかかるものです。
教育資金といえば学資保険を思い浮かべる方が多いでしょうが、学資保険は妊娠後でないと加入できないため、多くの一般家庭が学資保険によって積み立てられるのは200〜300万円ぐらいで、一番お金がかかる大学1年目(入学費用+授業料+自宅外通学を始める費用)の出費をまかなうのがせいぜいというのが実情です。
ですから、世帯主に万が一のことがあった際の子供の教育資金は、学資保険とは別に生命保険等で用意できるようにしておかなければなりません。

また、前にも書いたように学資保険を利用せずに、終身保険など貯蓄性の高い保険を活用してみることもおすすめです。
ただ、教育資金は将来必ず必要で、貯めることができなかったでは済まされない資金ですから、外貨預金や投資信託のような為替リスクや投資リスクなどある商品で用意することはお勧めしません。
世帯主が仮に亡くなった場合に死亡保険金が下りる保険商品を利用するのが賢明と言えます。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー