結婚 保険見直し

結婚と保険の見直し

独身とは違って、多くの人が結婚すれば生命保険の加入を考えます。
ただし、その家庭スタイルによって、必要な保険や保障額等は違ってきますので、よく検討する必要があります。

まず、夫婦共働きなら基本的にすぐに生命保険(死亡保険)に入る必要はないと思います。
独身のころと同じように、若い夫婦に必要なのは、保険よりもまず貯金を増やすことです。
将来マイホームの購入を考えているのなら、住宅ローンの頭金を支払ってもまだそれなりの貯金が残るように、二人でせっせと貯蓄に励みましょう。

この時期の生命保険に入るとしたら、それぞれが自分のために医療保険に入っておくといいでしょう。
年齢が若く健康であれば、終身の医療保険やがん保険にもかなり安く加入できます。
ほとんどの女性は、結婚すれば妊娠・出産を考えますが、通常分娩での入院は医療保険の給付対象外ですが、帝王切開などは給付対象になりますし、また、乳がんなどの女性特有の疾病に備えるためにも、通常の医療保険に加えて、女性疾病特約などで保障を厚くしておくとより安心でしょう。

夫が働き妻は専業主婦の場合でも、考え方は同じです。
夫に万が一のことがあっても、妻がまだ若くて健康であれば、自分で働いて収入を得ることは十分可能でしょうし、実家に戻るという手段もあります。
ですから、高額の生命保険に加入して高い保険料を支払うよりも、将来のための貯蓄を優先し、新婚時はやはり医療保険だけでもいいかと思います。
それに加えて夫を被保険者にして葬式代程度(2〜300万円)の終身保険に加入してもいいでしょう。

独身時に加入した定期付終身保険などがある場合は、継続するか解約するか検討し、必要度比べて保険料負担が重いと感じたら解約していいと思います。
主契約の終身保険だけを残して、定期保険など特約部分を解約するという方法もあります。
もし、独身時代に加入した生命保険を継続する場合は、受取人の変更等の事務手続きを忘れずに。
通常死亡保険金の受取人を親などから配偶者に変更します。
結婚して姓や住所が変わったら、名義や住所の変更手続きが必要となります。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー