住宅取得 住宅ローン 保険見直し

住宅(マイホーム)購入と保険見直し

マイホームを購入するとき、ほとんどの人が長期の住宅ローンを組みます。
ですから、もし住宅ローンの返済ができなくなったらどうしよう、という不安は多かれ少なかれ皆抱えていると思います。

しかし、日本では一般的に住宅ローンを組む際に、同時に団体信用生命保険(団信)にも加入します。
団体信用生命保険に加入していれば、契約者(たいてい夫)が返済途中に万が一死亡したり高度障害になれば、残りのローン残高は保険会社から金融機関に一括で返済されますので、残債はゼロになりそれ以降住宅ローンの返済義務は無くなります。

ですから、住宅ローンの支払期間は、生命保険のに住居費を見込む必要はありません(固定資産税や管理費・修繕積立金など保守・維持のための費用は必要になります)。
その分保険金額を低く抑えて、余ったお金は住宅ローンの繰り上げ返済に充てたり、長期療養等で返済できなくなるリスクに備えて、長期所得補償保険などへの加入を検討してみるといいでしょう。
また、共働きで返済しようとされているなら、団体信用生命保険に加入していない方の死亡保障を厚くしておけばいいでしょう。

住宅ローンは銀行や信金などによって商品はさまざまです。
優遇金利などで金利も変わってきますし、最近は三大疾病特約など、特徴のある住宅ローン商品で差別化を行っています。
固定金利にするのか、変動金利にするのかも、今後のライフプランによって最適なものが異なってきます。
事務手数料や繰り上げ返済の手数料なども各金融機関でさまざまなので、なるべく多くの金融機関を見比べる必要があります。
住宅を購入する際にかかる諸経費(頭金、印紙、登記、引っ越し、税金など)も、もう一度しっかりと洗い出しをしておきましょう。
お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)は、保険だけでなく住宅ローンの知識も持っています
公正中立な立場でのアドバイスができるFPに相談してみましょう。

保険見直しなら優秀なFPに無料で相談できる保険マンモスへ

保険マンモスでは、質の高いFP(ファイナンシャルプランナー)による保険相談を無料でおこなっています
サイトを通して無料相談を申し込めば、あなたの自宅などにFPが全国どこでも(※1)お伺いいたします。

保険マンモスのおすすめポイント

保険マンモスの保険相談のお申込方法

保険マンモスの保険相談を申込むには、下からサイトに入り、「無料保険相談 お申込みはコチラ」と書かれた赤いボタンをクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力して送信して下さい。

↓無料保険相談のお申込はこちら↓

※1:一部対応できない地域もあります

保険見直しの時期・タイミング
就職と保険見直し
結婚と保険見直し
子の誕生と保険見直し
出産と保険見直し
教育資金と保険見直し
住宅購入と保険見直し
脱サラと保険見直し
保険更新時と保険見直し
家計の節約と保険見直し
離婚と保険見直し
子供の独立と保険見直し
定年退職と保険見直し
老後の備えと保険見直し

「保険見直しの時期・タイミング」メニュー