宅地建物取引主任者(宅建)の資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > ビジネススペシャリストをめざす資格 > 宅地建物取引主任者

土地や建物の売買、賃貸借の取引に必須
土地の形質や地積、建物の形質や構造および種別、さらに土地および建物についての法令や価格評定など、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有していることを判定する資格です。不動産業界では、事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くように法律で定められている必須資格です。
土地や建物は生活や企業活動の基盤となるもの。その売買・賃貸借取引のエキスパートである宅地建物取引主任者の活躍の場は、今や不動産業界だけにとどまりません。
例えば、担保として土地を扱う銀行、顧客の資産設計を考える営業を始めた生保業界などがあり、その他、店の立地が売上を左右する外食産業や小売業などでも、店舗開発担当者として宅建の有資格者が歓迎されています。


宅地建物取引主任者
まずは資料請求(無料)から

他のビジネススペシャリストをめざす資格
中小企業診断士
ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP)
キャリア・デベロップメント・アドバイザー
簿記検定
国家公務員
DCプランナー(企業年金総合プランナー)

keiko58
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.