情報処理技術者試験(初級・上級システムアドミニストレータ・情報セキュリティアドミニスト)の資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > パソコン・IT系の資格 > 情報処理技術者

技術者ニーズを反映し、信頼性の高い定番資格
システムアドミニストレータは、コンピュータのエンドユーザーやそのリーダーが取得するのにふさわしいと考えられている情報処理技術者試験のなかのひとつです。専門的な技術を持たないユーザーでも、自分のニーズに合った情報処理環境を整備する必要性が出てきたのに合わせて、1994年より試験制度が設けられました。
試験は初級と上級の2つに分かれています。初級シスアドは、パソコンや情報システムに関する一般的な知識を活用し、部門内のコンピュータ化推進やシステムの構築、運用、整備などを行うエンドユーザーコンピューティングにおけるリーダーとして働く人向け。上級シスアドは企業の事業部門や企画部門などに属して、情報化リーダーとして業務改革を推進する人や、社内の指導的立場にあって、情報技術をどのように活用するべきかを考える人などに向く内容です。
試験内容は、初級の場合は、イントラネットやLANなど社内通信に関する問題や表計算ソフトの操作などが中心。上級では情報システム構築や利用のためのマネジメントなどについて問われます。


情報処理技術者試験(初級システムアドミニストレータ/上級システムアドミニストレータ/情報セキュリティアドミニスト)
まずは資料請求(無料)から

他のパソコン・IT系の資格
DTPエキスパート
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(旧MOUS試験)
Sun Java認定資格
マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
CAD利用技術者

keiko64
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.