社会保険労務士の資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 独立・開業がめざせる難関資格  > 社会保険労務士

労務、人事、労働、年金関連のエキスパート
社会保険労務士(社労士)の主な仕事は、労務や保険、年金などの法規に基づく申請書の作成・提出などです。扱う法規は51種類で、業務のフィールドは広く、年俸制導入やリストラなど企業の人事・労務の変化や、高齢社会の到来で年金が注目される今、非常に有望な資格と言えます。
社労士試験は厚生労働省による国家試験です。受験資格は、(1)大学で62単位以上を修得しているか、短大・高等専門学校・一定の専門学校を卒業している者(2)会社や労働組合で3年以上労働社会保険諸法令に基づく事務を行ってきた者(3)行政書士の資格取得者など、のいずれか。試験科目は「労働基準法及び労働安全衛生法」、「雇用保険法」、「健康保険法」、「国民年金法」など8つあります。
社会保険労務士の資格を名乗るには、都道府県の社会保険労務士会会員であることが必要です。社労士の有資格者の活躍の場は、社労士事務所などを開業したり、企業や団体、社会保険労務士事務所等に所属するなどさまざまです。


社会保険労務士
まずは資料請求(無料)から

他の独立・開業がめざせる難関資格
行政書士
税理士
不動産鑑定士
公認会計士
司法書士
司法試験

keiko41
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.