公認会計士の資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 独立・開業がめざせる難関資格  > 公認会計士

企業の健全な発展に寄与する財務のプロ
公認会計士は公認会計士法によって定められた国家資格です。司法試験、国家公務員I種、不動産鑑定士と同レベルの超難関試験ですが、取得できれば一生ものであり、独立することも可能です。
民間企業はもちろん、各種法人の会計監査業務を独占的におこなえるのが公認会計士。大きな特徴は、顧客の利益のみを守る弁護士や税理士、弁理士とは異なり、株主、一般社員、消費者といった企業に関わるすべての人々(ステークホルダー)の利益を保護しなければならないこと。このほか、財務に関する調査、立案や会計指導が主な業務になります。
2006年から試験体系が短答式と論文式の「1段階・2回」に変更されます。短答式は財務会計論(簿記・財務諸表論)、管理会計論、監査論、企業法。論文式は必修科目が会計学(財務会計論・管理会計論)、監査論、企業法、租税法、選択科目が経営学、経済学、民法、統計学(1科目選択)。
なお、一定要件を満たす実務経験者などに対する一部科目免除、有効期間付きの短答式試験の免除、および論文式試験の科目免除が新たに導入されました。


公認会計士
まずは資料請求(無料)から

他の独立・開業がめざせる難関資格
行政書士
社会保険労務士
税理士
不動産鑑定士
司法書士
司法試験

keiko44
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.