医療事務関連資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 医療・福祉に関する資格 > 医療事務関連資格

医療現場を事務面から支える専門職
医療事務は、医療機関内での治療費の計算、保険点数の計算などの会計業務、レセプト(診療報酬等請求の書類)の作成、あるいはカルテや院内の物品管理業務から医師や看護師との連絡業務まで、さまざまな業務を担当します。
専門的な書類の作成技術や計算能力はもちろん、医学や薬学の知識までも必要とされる仕事で、このような事務職のエキスパートを病院独自で育成するのは困難なため、下記のような資格を取っていれば医療機関に就職の際、優遇されやすくなります。
(財)日本医療教育財団の医療事務技能審査試験は、30年以上にわたり全国で実施され、年間数万人が受験する大規模な試験です。
診療報酬請求事務能力認定試験は、1994年に設立された(財)日本医療保険事務協会認定のもので医科・歯科いずれかを選択し、それぞれ学科と実技がおこなわれます。
診療情報管理士は、医療機関でカルテを管理したり、疾病統計をつくる職種です。
そのほか、技能認定振興協会認定の医療事務管理士(医療事務技能認定試験)、医療秘書教育全国協議会による医療秘書技能検定、日本医療事務協会の保険請求事務技能検定試験など、さまざまな資格、試験があります。
医療事務関連の資格を取得するには、各認定団体が実施する通信講座を受講したり、専門スクールでそれぞれの業務に必要な技能を身につけてから試験に臨みます。
今日の日本では、医学の進歩とともに社会も高齢化を迎え、病院での業務も増加しています。医療現場を事務面からサポートする専門家として、医療事務職の担う役割はますます大きくなるでしょう。

 
医療事務関連資格
まずは資料請求(無料)から

他の医療・福祉に関する資格
ホームヘルパー
管理栄養士
社会福祉士
福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

keiko48
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.