ホームヘルパーの資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 医療・福祉に関する資格 > ホームヘルパー

在宅介護を第一線で支える介護のスペシャリスト
ホームへルパーは、訪問介護員とも呼ばれるように、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問して日常生活全般の援助をおこないます。ここでいう援助とは、掃除、洗濯、買い物といった家事援助と、食事、排泄、着替え、入浴などの身体介護のこと。
在宅サービスや施設介護職員として働く場合には、限られた時間内に必要な援助を行うと同時に、医療や保健など他の関係機関との円滑な連携が行えるよう、利用者の状況を正確に把握することも大切です。
ホームヘルパーの資格には1〜3級があり、資格を取得するには各都道府県や政令指定都市、市区町村、専門学校、民間団体が実施している養成研修を受講して、介護保険法に基づいた研修課程を修了します。3級課程では主に家事援助など介護の基礎的な技術と知識を、2級以上になると、より専門的な技能を要する介護技術やケアマネージメントについての技能を習得します。
21世紀半ばには、国民の3分の1が65歳以上という超高齢社会を迎えるとされています。高齢者の自立した日常生活を支援し、訪問介護サービスを直接提供するホームヘルパーの重要性は年々高まり、在宅介護を希望する割合が増えている中、その人材の確保と増員が叫ばれています。


ホームヘルパー 
まずは資料請求(無料)から

他の医療・福祉に関する資格
医療事務関連資格
管理栄養士
社会福祉士
福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

keiko49
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.