保育士の資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 教育に関する資格 > 保育士

女性の社会進出にともない、ニーズの高まる保育のプロ
保育士は子ども好きの女性を中心に根強い人気がある仕事で、女性のみならず男性の志願者も増えていることから、1999年4月、男女共通の名称として保母から保育士に改められました。資格は、厚生労働大臣の指定する養成学校を卒業して取得するのが一般的ですが、都道府県単位で実施される保育士試験を受けて取得する方法もあります。
保育士試験は、幅広い専門知識が要求される試験で、全科目合格率は例年1割ほど。
ただし、不合格となっても、合格した科目については翌年と翌々年は免除されるため、スクールの受験対策講座などを利用してコツコツと勉強を続けたいところです。

 
保育士
まずは資料請求(無料)から


keiko69
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.