福祉住環境コーディネーターの資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 医療・福祉に関する資格 > 福祉住環境コーディネーター検定試験

高齢者や障害者の立場に立ってよりよい住環境をアドバイス
福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が安心して自立した生活を送るために、住環境の整備充実と改善を提案していく人材です。
福祉や医療、住宅改修、福祉用具などの知識を持ち、利用者の日常生活の基本動作やQOL(生活の質)の向上、介助力の軽減を図りながら、住宅のバリアフリーはもとより、福祉用具、介護用品、家具などの商品開発や販売などに関わることも。
高齢者や障害者は、人によって障害の度合いが違うため、せっかく行ったリフォームも不完全なことがあるなど、目の行き届いた住環境の提供が困難でした。
そのため高齢社会において、在宅で自立した生活を望む高齢者や障害者を具体的に支援していく福祉住環境コーディネーターの役割は大事で、建築や医療福祉関連など各方面での活躍が期待されています。


福祉住環境コーディネーター検定試験®
まずは資料請求(無料)から

他の医療・福祉に関する資格
医療事務関連資格
ホームヘルパー
管理栄養士
社会福祉士

keiko60
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.