不動産鑑定士の資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > 独立・開業がめざせる難関資格  > 不動産鑑定士

高度な知識で不動産の鑑定評価を手がける
不動産鑑定士の役割は、その名のとおり不動産の価値評価を鑑定し、公正、適正な不動産取引を実現することです。建売住宅やマンション等の価格決定のために必要な鑑定は、土地価格の変動や物件の交通の便、周囲の環境などを考慮し、客観的に行われなければならず、不動産鑑定士には高度な技能が要求されます。
不動産鑑定士の需要については、好況時には不動産取引が増え、不況時には融資にともなう担保評価が増えるため、景気にもあまり左右されず、国や地方自治体からの依頼も比較的安定しています。絶対数が不足しているので、独立開業して高収入も期待できます。
不動産鑑定士試験は、平成18年から従来の第1次試験および第3次試験に当たるものが廃止され、短答式(択一式を含む)試験と論文式試験の2段階になります(短答式試験により一定の基礎知識が確認された者のみ論文式試験を受験できる)。短答式試験は、不動産に関する行政法規および不動産鑑定評価理論で、いずれも択一式40問ずつ。論文式試験は、民法、会計学、経済学の大問2問と、不動産鑑定評価理論の大問4問と演習1問。
合格後に実修で不動産鑑定士となるのに必要な技能および高等な専門的応用能力を修得し、修了後に国土交通大臣の確認を受けることで資格を授与されます。


不動産鑑定士
まずは資料請求(無料)から

他の独立・開業がめざせる難関資格
行政書士
社会保険労務士
税理士
公認会計士
司法書士
司法試験

keiko43
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.