DTPエキスパートの資格をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > パソコンIT系の資格 > DTPエキスパート

DTPにおけるスーパーバイザーをめざす資格
現在、出版・印刷業界において、DTP(デスクトップ・プリプレスまたはデスクトップ・パブリッシング)は必須です。
文字の入力から誌面のレイアウトやデザイン、データ出力までまかなうDTPは便利な反面、しっかりとした知識と技術を持っていないとよい印刷物を作ることができません。そこで求められるのが、編集者やデザイナー、印刷会社をとりまとめ、円滑な作業を指示・管理するDTPエキスパートです。
試験は年2回実施。マークシート方式の筆記試験と、試験当日配付される課題材料を持ち帰り、14日以内に作品と制作ガイドを提出する課題制作からなります。出題内容は、誌面のレイアウトやカラープロセス、スキャニングなどのDTP関連知識と、コンピュータの入出力環境やXMLの基本知識、データベースの基礎知識、ネットワークなどについての関連知識などさまざま。印刷工程の知識も問われます。
DTP環境の進歩を考慮し、資格は2年間のみ有効。2年後には更新試験を受ける必要があります。最近は、DTP業務とあわせてインターネットのホームページ制作の仕事を手がける人も多く、活躍の場はまだまだ広がりそうです。

 
DTPエキスパート
まずは資料請求(無料)から

他のパソコン・IT系の資格
マイクロソフト オフィス スペシャリスト
Sun Java認定資格
マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
CAD利用技術者
情報処理技術者試験(初級・上級システムアドミニストレータ・情報セキュリティアドミニスト)

keiko32
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.