簿記検定をとる

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > ビジネススペシャリストをめざす資格 > 簿記検定試験

簿記会計を通じて経営管理能力を評価する
簿記とは、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能のことです。
簿記を理解できれば、企業の経理事務に必要な会計知識はもちろん、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につき、それらの力はビジネスパーソンとして大きな戦力になるでしょう。
また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につくので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるようになるので、経理担当者に限らず、営業職などあらゆる部署で役立つ資格といえます。
また、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す人やキャリアアップを考えている人にも簿記の知識は必要不可欠。
現在、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準に採用されていることなどから、年間で約55万人が受験するメジャー資格となっています。

 
簿記検定試験
まずは資料請求(無料)から

他のビジネススペシャリストをめざす資格
中小企業診断士
ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP)
キャリア・デベロップメント・アドバイザー
宅地建物取引主任者(宅建)
国家公務員
DCプランナー(企業年金総合プランナー)

keiko53
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.