マスコミ業界の仕事から探す

ケイコトマナブでスクール・講座を探す!

トップページ > マスコミ業界

編集者: 書籍や雑誌などメディアづくりのプロデューサー的存在

雑誌の特集や書籍の企画を立て、誌面作りに関するすべてをおこないます。対象読者や内容、発行時期、価格、本の形、ページ数などの決定にも関わり、ライターなどスタッフへ仕事を発注もおこないます。取材先への交渉や、原稿チェック、制作進行管理、予算の管理なども重要な仕事です。雑誌の場合は自ら取材をして原稿を書く場合もあります。
編集者

校正者: 印刷物の誤りをチェックして正す仕事

雑誌、書籍など印刷物の制作過程で、原稿と校正紙を引き合わせながら誤字、脱字などをチェックし直します。カタカナや漢字、送り仮名の表記統一や、固有名詞が正確に表記されているか、文字の大きさや書体がレイアウトの指示通りかなどのチェックも綿密に行います。カラー印刷なら、色の出具合なども修正します。
校正者

シナリオライター・脚本家: テレビドラマや映画の脚本を書く作家

映画や演劇、テレビ、ラジオなどのドラマの脚本を書く仕事。ドラマの筋書きから作る場合もありますが、小説や人気コミックなどを原作本として用い、ドラマ化するケースも多いです。ドラマで使う場所へ行ってみたり、登場人物と同じ境遇の人から話を聞くといった事前取材も仕事のうち。
シナリオライター・脚本家

カメラマン・フォトグラファー: 技術と感性で勝負する写真撮影のプロフェッショナル

デジカメやスチールカメラを使って写真を撮影するプロ。一般的に、報道写真や商業写真などの場合は「カメラマン」、アート写真などの場合は「フォトグラファー」「写真家」という呼称が使われることが多いですが、厳密な区分はありません。
カメラマン・フォトグラファー

グラフィックデザイナー: さまざまな印刷物をデザインする

名刺やハガキ、チラシからパンフレット、雑誌、書籍、ポスター、パッケージなど印刷を前提にした紙(誌)面に、原稿・写真・イラスト・図表などをセンスよく効果的に表現する仕事です。かつては紙と筆記具を中心に仕事をしていましたが、現在は多くはパソコンを使ってデザインします。
グラフィックデザイナー

テープリライター: テープに録音された音声を聞き、原稿に書き起こす

講演会や対談、雑誌のインタビューなど、テープに録音された音声を聞き取り、原稿にする仕事です。聞いた言葉をそのまま書き起こすのではなく、不必要な言葉を削除したり、あいまいな言葉はわかりやすく整理するなど、読みやすい文章に仕上げます。
テープリライター

広告プランナー・CMプランナー: 広告のアイデアを考えるクリエイター

クライアント(広告主)が商品について伝えたいことを把握し、雑誌広告やテレビコマーシャルの企画を立てる仕事。具体的には、クリエイティブディレクターからクライアントの注文を聞き、イメージや予算などの条件に合わせたコンテを描きます。コンテが決まったら、クライアントに対するプレゼンテーションを行います。
広告プランナー・CMプランナー

イラストレーター: テーマに沿ってイラストを描く

新聞や雑誌、書籍、広告物などの制作担当者から依頼を受け、挿し絵やカットを描く仕事です。同じように絵を描く仕事でも画家との大きな違いは、出版社などクライアントから依頼されたテーマに沿って描くという点。依頼者の意図を理解したうえで、自分のオリジナリティをいかに出せるかがポイントとなります。
イラストレーター
まずは資料請求(無料)から

その他の仕事から探す
英語・国際ビジネス
IT・エンジニア
WEB・DTP
会計・法律・経営・不動産
建築・インテリア・雑貨
フラワー・ペット・動物
占い
ファッション
ブライダル
キレイ・ビューティ・美
健康・癒し・心理
医療・福祉
教育
料理・食べ物
アーティスト・映像・エンタメ・製作系
ビジネス・その他の専門職

keiko24
Copyright(C) 2006 ケイコとマナブ(けいことまなぶ・ケイコトマナブ)でスクール・講座を探す! All right researved.