インプラント治療についてこれだけは知っておきたいことを一番分かりやすく解説

インプラント治療は失った歯を復活させる最良の治療法です。歯は食べ物を咀嚼するだけでなく、健康にとってとても大切な役割を果たします。健康的で美しい歯と生活のために、インプラントをご検討下さい。

インプラントとは

インプラント(Implant)とは直訳すると“植えつける”という意味で、インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工の歯根(しこん)を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を装着する治療法です。
歯根とは、歯の見える部分(歯冠)を下で支える部分で、インプラント治療では人工歯根にチタン性のボルトを主に使用します。チタンを使用するのは、チタンが他の物質とくらべて(1)骨とくっつきやすい(生体との親和性が高い)、(2)アレルギーなどの拒絶反応がほとんどない、(3)腐食しない、などが理由です。

インプラントのメリット

インプラントはブリッジや入れ歯に比較すると多大なメリットがあります。

  • 安定感がある
  • 硬いものも安心して噛める
  • 違和感がない
  • 適切にケアすれば十分長持ちする
インプラントに比べるとブリッジや入れ歯はデメリットが多いです。

ブリッジのデメリット

  • ブリッジを施すためには隣接する健康な歯を削る必要がある
  • 多くの歯が抜けている場合施術が困難
  • 歯周病になりやすい

入れ歯のデメリット

  • 硬いものを噛むのが困難
  • 手入れが大変
  • 入れ歯を使い続けているとだんだん歯茎がやせていき安定感が悪くなる
  • 部分入れ歯の場合、固定するための金具が見えてしまう、また金具は歯茎に負担をかける
  • 発音がおかしくなる
インプラントではこれらのデメリットがほぼすべて解消されます!

インプラントのデメリット

  • ブリッジ、入れ歯に比較して初期費用が高額になる
  • 治療期間が長くなる(人工歯根を埋め込む手術後3〜6ヶ月の安定期間(骨と歯根が結合するまで)を置いてから、人工歯冠を装着するため)
  • 重度の糖尿病など一部の全身疾患の患者には施すことができない

インプラント治療を特におすすめしたい方

  • ブリッジを付けられない方(隣接する歯が片方しかない場合や、歯と歯の間隔が広すぎるなど)
  • 入れ歯が面倒でキライな方
  • 歯の美観(審美性)にこだわる方
  • グルメで何でも食べたい方
  • 歯の健康や美観のため出費を惜しまない方

インプラント治療を受けるに当たって注意が必要な方

  • 糖尿病、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病などの治療を受けている方
  • 骨粗鬆症の方
  • 歯周病の方
  • 妊産婦
  • その他の病気で治療を受けている方

インプラント治療にかかる費用

インプラント治療は、現在健康医療保険の適用外ですので自費診療になり、インプラント1本につき15万円〜50万円ほどの治療費がかかります(40万円前後が一般的です)。内訳はインプラントの部品代(人工歯根や歯冠の材料・製作)と手術費が中心です。
インプラント治療は保険適用外ですが、医療費控除の対象になり(控除される金額の上限は200万円)、場合によっては治療費の50%以上が還付されることもあります。医療費控除を受けるためには治療費などの領収書が必要になります。
リンク
審美歯科について  矯正歯科について
Copyright(C) 2006 インプラントについて All right researved.
生命保険 見直し 医療保険 比較 ガン保険 比較 保険 相談